しつけが出来ていない場合

しつけが出来ていない場合

 

子犬の歯が生え変わる頃、きちんとしつけて、噛む力加減を体得させておけば、大きくなったとしてもそれを覚えていることから、噛みつきはあまりしなくなると言います。

チワワの場合、しつけ中の問題点に、「しばしば吠えてうるさい」があるようです。自宅から外に出た途端、通行中の人などに向かってやたらに吠えるようになるなど、しつけをするべき犬だっています。

無駄吠えはあまりなく、人懐っこいだけでなく飼いやすいラブラドール犬なのですが、それでも大きな犬であるだけに、主従のしつけを忘れないで、ベーシックなしつけも誤ることなくするべきです。

以前は、しつけする前の「吠える、噛む」行為に悩んだ経験があります。愛しい犬なのに、自分に向かって吠える上、噛みついても来る、辛いし、悲しくなりました。

しつけが出来ていない場合、しばしば探知犬みたいに、熱中して周囲の獲物臭を嗅いでしまう散歩をする毎日になってしまう恐れもあります。


最初に、吠える犬をしつける際は吠え癖のある犬の性質についてしっかりと理解しておいてから、始めなければいけないのではないでしょうか。飼い主には欠かせないしつけの一歩です。

何年も前だったらトイレをしつける際に粗相をしてしまったら叩いてみたり、鼻を押し付けて叱るといった手段が用いられていたものの、それらの行為は本当は不当です。

当然のことですが、怠ることなくしつけを行なえば、必ずと言っていいほどミニチュアダックスフンドを含む飼い犬たちは、ちゃんと応えてくれるようになるはずですから、努力しましょう。

矯正が完全でないと、我が家では無駄吠えしないとしても、知人を訪ねた時などに、しつけたと思った無駄吠えが再び現れる事態があり得るでしょう。

犬が吠えるタイミングや環境をしっかりと分析して、周りの環境を改善した後から、正しいしつけをすることこそ、チワワの無駄吠え自体を軽減する最適な方法でしょう。


決まったものに対して恐怖感を持っていてそれで吠えるということが始まったとしたら、まちがいなくその恐怖を消去すれば、犬の無駄吠えというのは止めることが可能らしいです。

概して、子犬の時はしつけ訓練に最適でしょう。私たち同様に、年を重ねて成長してしまった成犬よりも、人生経験の浅い犬のほうがしつけを受け入れてくれるというのは、自然だとも言っていいでしょう。

近ごろは、好まれて飼育されるチワワに関してみると、きちんとしつけることが出来ない状況で、とても困っているペットオーナーさんたちも結構いるのが現実です。

ほとんどの場合、歯が生え替わる頃の子犬は、相当腕白小僧、おてんば娘だと思います。そういう子犬の時期に上手くしつけトレーニングをしてほしいものです。

小型犬のチワワでも、しつけをするべきです。チワワを飼ったら、しっかりと褒めて大事にすることをしてください。にこやかにコミュニケーションをとって、どんどん可愛がることが大切です。