しつけではある程度褒美を

しつけではある程度褒美を

 

時には、噛む犬のしつけをしていのに、「噛まれるから怖い」ということだってあるんじゃないかと思います。反対に怒ってしまったり慌てて、愛犬に体罰を加えてしまったことだってあるかもしれません。

特に、賞賛してみるのが良いと思います。トイプードルは、基本的に頭が良くて陽気な犬の1つです。良いところをさらに伸ばすようなしつけ法が最適ではないでしょうか。

通常、ポメラニアンは聡明な犬種ですから、子犬としてしつけをする事だってできます。各ご家庭では全般的なしつけは、生後から半年くらいの間にやっておくのが良いでしょう。

トイレをしつけしていてある程度褒美をやる行為に成功したら、飼い主さんの褒めたいという心持が伝えられているか、確認してください。

みなさんが感情的にならずにしつけをしたいと決めているからと、おとなしくさせようとラブラドールを抱っこしてしまったり、撫でてはダメだと思ってください。「飛びつくと喜んでもらえる」と誤認するのです。


概して、規則のある遊びなどは、ラブラドールをしつけたい時には最も適しています。オーナーとラブラドールが一緒になって愉快に、いろいろと習得できます。

賢明なトイプードルでして、飼育の際には苦労はないのではないでしょうか。子犬の頃からのトイレばかりか、それ以外のしつけも、難なく覚えてしまうと言えます。

他の犬と比較しても、トイプードルは上位クラスの聡明さがあって、朗らかな性格です。主人の命令を良く聞いて、親しみやすさを持ち、鋭敏な感性を持っているうえ、良い反応力を持っているので、しつけをしても間違いなく学んでくれます。

トイレはふつう、ペットが自分から決められた同じ場所でオシッコなどを済ます行為ですし、トイレのしつけ訓練は、必ず教えてあげる必要があることに異論はないでしょう。

トイレだけでなく、噛み癖の矯正など、子犬の時期からいっぱい着実にしつけを身に付けさせて立派な大人になるために、オーナーの方たちが犬たちを面倒をみてくださいね。


子犬でいる頃がしつけをする適齢期だろうと思います。人間と同じく、何年も生きて大きくなった成犬よりも、幼い犬の方がしつけに適しているのは、自然だとも言えます。

例えば、子犬から飼育していたというのにもかかわらず、ラブラドールのしつけに成功しなかったというような方は、「必ず成功させるんだ」というつもりで、最後まであきらめずに励んでください。

役立つ手法を用いて、子犬に対するしつけを実践しておくと、いつまでもペットのいる暮らしが、大変幸せで、意義深いものになるに違いありません。

ペットが欲しいので、どうにかミニチュアダックスフンドの子犬を買って手に入れたものの、子犬のしつけについてはどうやったらいいの?というオーナーのことをかなり聞いた経験があります。

普通、歯が生え変わる頃の子犬たちが、相当やんちゃですので、このころに徹底してしつけトレーニングをすることをお勧めします。