甘やかすのではなく

甘やかすのではなく

 

噛み癖のある愛犬の心理を知って、これまでのミスが多いしつけについて修正などして、噛むような問題行動を減らしていくべきではないでしょうか。

もし、子犬の頃から飼育したのだけれど、ラブラドールのしつけに失敗したというような方は、「絶対に成功する」と覚悟して、最後までしつけをしましょう。

ポメラニアンたちは、しつけをされて徐々に関係を作り上げることをエンジョイする犬であるので、子犬のころに怠らずにしつけることが良いでしょう。

柴犬というのは、無駄吠え行為を容易にするタイプだと言われます。ですから、無駄吠えのしつけの際は「苦労する可能性は少なくない」などと考えたら良いかもしれませんね。

犬が噛むというのは、ほぼ間違いなく威嚇したり体罰をあたえるしつけ、自分勝手を許容したための犬と飼い主との関係の逆転が原因でしょう。もしかして、甘噛み行為をなすがままにしていたかもしれませんね。


子犬の時期に好き勝手にさせず、犬としての在り方をそれなりに体得させることが、すごく大切なんです。とことん可愛い子犬をしつけるようにしてください。

中には、噛む犬をしつけたくても、噛まれたくないからできない、といった場合があると思います。さらに、感情をあらわにしてしまったりビックリしてしまって、愛犬を叩いてしまった経験などもある人がいるのではないでしょうか。

基本的に、チワワはトイレのしつけをすることが楽にできます。しかし、デリケートな神経もあったりするので、しばらくの間はシーツの場所をあっちこっち変えたりしないことをお勧めします。

リーダーウォークと呼ばれるものは、愛犬と散歩する時のしつけの仕方ではなくて、ペットと飼い主の主従の関係を築くための駆け引きではないでしょうか。とはいっても、気張りすぎては良い効果が現れません。

概して甘やかすのではなく、子犬の時期から充分にしつけを実行しておくと、世界には柴犬ほどオーナーの指示通りに動く犬はいないだろう、と言っても過言でないほど飼い主に従ってくれます。


ささいなコツなどを利用して、子犬のうちにしつけを済ませておくと、いつまでも飼い犬との暮らしが、大変幸福で、意味のあるものになるはずです。

たとえ、何もしつけをしないと無駄吠えの問題行動が増えがちなミニチュアダックスフンドのような犬も、じっくりとしつけを行うと、無駄吠え行為を少な目にする事だってできるはずです。

もしも、昂ぶって噛む犬をしつける場合、平常心で、威厳をもって対面することが大切で、声を荒げてしつけてみても、噛み癖は残ったままではないでしょうか。

みなさんの飼い犬が吠えるきっかけや理由をちゃんと確認して、原因をシャットアウトし、しつけを実践していくことが、チワワの無駄吠えの回数を減少させていく最も良い方法ではないでしょうか。

何年か前はトイレのしつけを行う時に粗相をしてしまったら懲らしめたり、または叱るといった手段が一般的でした。そういったしつけは近ごろは適当ではないと思われています。